助川電気工業株式会社

採用情報

採用情報

助川電気は〔世にない技術への挑戦〕をテーマに広く産業界に貢献しています。

助川電気は1949年の設立以来一貫して 熱とその計測というテーマに取り組んでまいりました。

1955年1月、自社製品第1号の「シーズヒータ」を完成して以来「シース熱電対」の初国産化、細線型ヒータの決定版「マイクロヒータ」。「遠赤外線乾燥装置」の開発と、その使命を着実に実現し、産業界に貢献してまいりました。

原子力発電実験用の「模擬燃料集合体」や高温液体金属の連続測定を可能とした「液面計」、「電磁ポンプ」、「電磁流量計」、及び「各種実験装置」の製作そして真空装置など助川電気が長年にわたって累積した熱と計測の総合的成果です。

これからも、今日まで培ってきた熱と計測の技術について、更なる進化と挑戦を続け、地球環境を守り、産業の進歩発展に貢献する企業を目指していきます。

サイトの利用条件個人情報保護ポリシー