助川電気工業株式会社

エネルギー・産業システム関連事業

アルミ配湯電磁ポンプ

アルミ配湯用電磁ポンプとは、アルミ溶湯を制溶解炉保持炉等から取鍋や手許炉等に配湯するための電磁ポンプであり、保持炉用の湯抜き用としても使用できます。
電磁力を利用して溶湯アルミを配湯するため信頼性に優れ、安全にご使用いただける製品です。

1.特長
@ 電磁力による配湯方式のため、機械的な可動部が無く、信頼性に優れています。
A 接液部がセラミック製なので、アルミへの不純物の溶出がありません。
B 電磁ポンプダクト自体が予熱されていますので、本体内部での湯温低下がほとんど有りません。
C 制御盤面の出力設定ボリュームを調整することにより、配湯量を変えることができます。

2.概要
 配湯用電磁ポンプは、電磁ポンプ本体、制御盤、電源ケーブル(配湯ポンプ〜制御盤)及び予熱・保管架台で構成します。
電磁ポンプ本体に駆動源の電磁コイルが組み込まれており、3相電源を供給することでアルミを吸い上げ配湯することが出来ます。

 


 配湯用電磁ポンプは、三相200Vの電源と圧空を配湯場所近傍に準備してご使用ください。

 

3.外形寸法および仕様

基本仕様

1.型番

Nimblox ALiP-80P

2.アルミ材質

AC4C,ADC12

3.使用温度

液相温度+40℃ 〜 730℃
4.性能

下記性能曲線参照(AC4Cの場合)

5.駆動方式

環状流路リニア誘導式

6.電源容量

3φ、200V、23KVA

7.連続運転可能時間

使用条件によります。

8.間欠運転インターバル

使用条件によります。

9.ダクト予熱方式

内部コイル加熱(約120 min.)

10.ダクト材質

セラミックス(接液部)

11.電磁ポンプ本体重量

約150 kg

12.冷却方式

常温圧空(0.35MPa以上)

13.冷却ガス取合

ハイカプラ(エアーホース ID φ8.5)

14.漏洩電流

100mA 以下
本ポンプは、連続運転可能時間を過ぎると
コイル温度高で自動停止します。
引き続き使用す場合は、コイル温度が
低下するまで待機ねがいます。
(※)上記以外の材質の場合はお問い合わせ下さい。

4.配湯条件

使用上の寸法制限

A  .開口部必要寸法

300×300

B*.配湯可能湯面高さ

200 mm以上
C  .湯面からの高さ

140 mm以上

*配湯可能湯面高さとは、初期起動時に必要な液面高さを示す。
配湯を始めれば、ポンプ本体下面レベル近傍までの汲み出し可能。

 

5.性能曲線
Nimblox ALiP-80Pの性能曲線を以下に示します。
本データは、アルミ材質AC4Cの場合であり、他の材質については、お問合せ下さい。

サイトの利用条件個人情報保護ポリシー